動画素材と違法アップロード

rawpixel / Pixabay

現在はソフトやハードの充実によって個人でも簡単に動画を作成することができるようになりました。また、作成した動画の質が高ければ動画配信によって収入を得ることも可能です。しかし、一見自由に見えるインターネット上の世界にも当然ながら著作権が適用されていますので、故意に著作権を侵害することはもちろん、無意識のうちに侵害することにも気をつけなければなりません。

こうした著作権を侵害した動画を配信することを違法アップロードと呼びますが、テレビ番組を録画し、そのままホームページや動画配信サイトに掲載することが違法アップロードになることは広く知られています。しかし、こうしたわかりやすいケース以外にも違法アップロードにあたるケースがあります。自身で動画を作成する際に、カメラを使って自ら撮影を行い、それを動画にするような完全オリジナルであればもちろん違法アップロードとなることはありません。

しかし、より質の高い動画を作りために人が作成した動画の一部を取り入れ配信した際、その動画が著作権などで保護されていれば違法アップロードとなります。また、素材となる元の動画を加工したとしても同じです。なお、著作権で保護された動画を使いたい場合には権利を保持している著作者の許可を得ることが必要になりますが、使用料が高額であったり、そもそも使用が許可されなかったりと現実的には難しいことがほとんどです。そこで、オリジナル以外の動画を作成したい時に使用できるのが動画素材です。

なお、動画素材には有料と無料の2パターンがあります。動画素材を選ぶ際に気をつけたいのは素材の配信元の信憑性です。有料無料にかかわらず、もし、配信元がある著作権を侵害した動画素材を配信していた場合、それを2次利用し動画を作成すると有罪に問われる可能性もあります。このように気軽に動画を作成しアップロードできる時代だからこそ、動画素材の利用に関する最低限のルールは知っておく必要があります。